会社情報-会社沿革

ページ上部の棒

▶ ホーム

お問い合せ
ヘッダー画像

会社沿革

1910年8月 石油さく井諸機械及部品製作をはじめる
1922年8月 製缶工場を新設する
1924年1月 1924年1月 合名会社に組織変更する 資本金 3万円となる
1927年2月 工作機械(旋盤、型削盤)の生産を開始する
1934年4月 鋳造工場を新設する
1935年11月 柿崎町に西川鉄工所柿崎工場を新設する
1937年3月 伸線機械の生産を開始する
1940年10月 株式会社に組織変更する 資本金16万円となる
1942年5月 東京営業所を開設する
1942年6月 商工省指定S型旋盤、万能工具研磨盤の生産を開始する
1943年4月 子会社の下記2社を吸収合併する
合資会社 西川商店
株式会社 柏陽機械製作所
1943年6月 海軍管理工場の指定を受け兵器の生産を開始する
1944年10月 比角工場を本社工場に移転する
1945年9月 終戦により兵器生産を廃止して伸線機及び畳製造機械の生産に変更する
1950年4月 製缶工場で建設業の登録認可を受ける
1952年11月 資本金 300万円となる
1955年1月 理研製鋼株式会社小千谷工場を買収し、理研精機株式会社と改称する
1956年12月 新工場建設、駅前1丁目に移転する
1961年4月 資本金 3,000万円となる
1965年10月 第一次合理化計画の実施に入る
1966年9月 大阪営業所を開設する
1967年12月 資本金 6,000万円となる
1968年10月 10月1日 旧柏崎市役所の土地及び建物を買収する
1968年12月 12月25日付 本社所在地を下記の通り移転登記完了する
(旧)柏崎市駅前1丁目5番28号
(新)柏崎市駅前2丁目2番22号
1969年1月 第二次合理化計画の実施に入る
1970年3月 独身寮完成
1970年11月 創立60周年記念式挙行する
第二工場、鋳物工場、手洗更衣室、新築完成
1974年3月 資本金9,500万円となる
1974年6月 合理化計画による大型機械導入をはかる
1974年11月 液圧伸線機の完成 生産に入る
1980年6月 創立70周年記念式を挙行する
管理棟、出荷工場、社員クラブの新築及び整備
1980年7月 7月1日付本社所在地を下記の通り移転登記完了する
(旧)柏崎駅前2丁目2番地22号
(新)柏崎駅前1丁目5番地48号
1980年8月 昭和55年度合理化計画による省力化機械の導入をはかる
1982年3月 事務合理化のためコンピュータを導入する
1982年7月 無人化伸線システム「MF-60」を完成
シンガポールのアジアワイヤーショーに出展
1983年12月 危険物庫完成、集中管理を行う
1984年4月 事務合理化のため、自動製図機及びワープロの導入をはかる
1984年5月 製缶事業部、事務所新築落成
1984年9月 鋼材倉庫、新築落成
1984年12月 昭和59年度合理化計画による省力化機械(大型マシニングセンター)の導入をはかる
1985年12月 省力化のため大型機械の導入をはかる
1989年3月 工場移転用地として田尻工業団地に35,000m2の土地を購入する
1989年6月 駅前分室新築落成
1990年3月 工場用地として田尻工業団地に31.530m2の土地を購入する
1991年4月 工場設備の見直しにより新規設備機械の導入をはかる
1991年5月 田尻工業団地内に新工場棟、事務所棟、付属健家、付帯設備竣工
1991年6月 6月12日付で本社所在地を下記の通り移転登記完了する。
(旧)柏崎駅前1丁目5番48号
(新)柏崎市安田田尻工業団地7586番地
1991年10月 社屋竣工記念式、創業81周年記念式を挙行する
1992年4月 4月1日付で社名を下記の通り変更登記する
(旧)株式会社西川鉄工所
(新)株式会社サイカワ
1995年9月 資本金 6,235万円となる
1995年12月 東京営業所を本社に統合する
1996年1月 (株)サイカワの子会社、(株)エステイームを発足する
1996年5月 機械設計図面を全面CAD化に向けてシステム導入する
1997年3月 資材・原価・販売・財務コンピュータシステムを再構築する
1998年2月 電気設計図面を全面CAD化に向けてシステム導入する
2000年8月 品質システムをISO9001認証取得する
2000年9月 社内PHS電話システムを導入し情報の効率化をはかる
2001年9月 CNC横中繰りフライス盤の更新する
2002年5月 アモイ漢和機械(中国)より製缶フレーム・セラミック溶射キャプスタン調達する
2002年8月 品質システムをISO9001認証(2000年版)を改訂取得する
2003年2月 大阪営業所を本社に統合する
2003年3月 吉田工業(株)の全事業を譲渡する
2004年3月 (株)サイカワ・(株)キンレイ・台湾の押出機メーカーウィルソンの三社で中国・江蘇省に合併企業「昆山三技機械有限公司(KSW)」を設立する
2007年1月 「昆山三技機械有限公司(KSW)」新工場移転する
2007年6月 経済産業省より2007年度「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される
2007年10月 多様旋盤NC切削盤を導入する
2008年7月 製作図面の保管管理の電子データ化を進める
2008年11月 ワイヤー放電加工機を導入する
2009年6月 経済産業省 平成20年度低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業で財団法人にいがた創造機構から事業委託を受ける
2009年10月 FFC用高速圧延焼鈍ラインを開発する
2009年10月 にいがた創造機構から受託実証事業用に電気自動車アイミーブを改良し、電気充電用自動車「助っ人EV」を開発する
2009年11月 資源エネルギー庁から平成21年度電気自動車普及環境整備実証事業「ガソリンスタンド等における充電サービス実証事業」を受託する
2010年5月 資源エネルルギー庁へEVコミュニティに最適な充電インフラ整備の研究開発とEVセンターの運営及び実証試験の事業完了報告をする
2010年7月 ISO9001認証(2008年版)に移行する (JQA-QM5164)
2010年9月 2010年上海ワイヤーショーにFFC用圧延ラインを出展する
2010年10月 創立100周年記念祝賀会を挙行する
日本国内207社、海外135社、21ヶ国との取引実績
2011年2月 大型横中ぐりフライス盤を更新する
2011年3月 3次元CADデーター管理システム(PDM)を導入する
2011年5月 塑性加工学会、塑性加工功労賞を受賞する
2011年12月 「昆山三技機械有限公司(KSW)」の資本出資比率を70%とする
2012年1月 第45回(平成23年度)「グッドカンパニー大賞」 優秀企業賞を受賞する
2012年9月 初めてインド共和国向けに伸線機 HMA-22J型を輸出した
2012年9月 上海ワイヤーショーにE-150型圧延機を出展する
2012年10月 初めてペルー共和国向けに伸線機 HMA-22J型を輸出した
2012年10月 経済産業省の平成24年度石油製品販売業改善対策事業費補助金(給油所次世代化対応支援事業)を品田商会と共同で採択された
2012年11月 柏崎商工会議所から移動式充放電車「助っ人EVⅡ」の設計・製作及び展示会出展業務を受託する
2013年5月 移動式充放電器の商品化開発に取り組む
2013年10月 メールマガジン配信サービス開始
2013年11月 平成25年度新潟県高付加価値化サポート助成事業の開始
2014年7月 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る補助金交付決定 『医療ワイヤー伸線加工技術開発』
2014年11月 平成25年度新潟県高付加価値化サポート助成事業の完了報告 移動式充放電器「EDS-11」評価器1.2号機を完成させる
2014年11月 移動式充放電器「EDS-11」でCHAdeMO認証取得 
2015年6月 電気自動車用移動式放電器販売開始 Electric Delivery System(EDS-11) 
2016年1月 「昆山三技機械有限公司(KSW)」の清算手続きに入る。